都市模型・地形模型・立体地図  トラストシステム 本文へジャンプ
トラストシステム

都市模型

最新技術情報
イメージ

自動化による省力化と、手作業による高品位な仕上げによる模型製作

■ 都市模型作成用 全自動スタイロフォームカッターを開発

 都市模型、マンション模型などで製作する「直方体」や「多角形柱」などの比較的単純な形状を自動的にカットする全自動スタイロフォームカッター

 従来、テーブル型の熱線カッター(ヒートカッター、スタイロフォームカッターなどとも呼ぶ)を使って、ニクロム線によりスタイロフォームをカットするという方法で1つ1つ手作業で作成していく方法で製作されていました。

弊社では地形模型作成装置を開発・運用してきた実績を生かし、スタイロフォームを大きなブロックのまま(最大長さ1820mm)全自動カッターにセットすれば、弊社ソフトウェア「ランドプランナー」や「街並みビューア」によって入力したCADデータ通りに平面形状+高さから一軒ごとにスタイロフォームをカットする建物模型専用模型作成機を開発しました。

 80mm×80mm×15mm程度の建物であれば100軒くらいは自動で連続的に1軒1軒を異なる形、異なる高さで自動的にカットします。
 複雑な平面形状を持つ建物であっても、手作業と違いガイドプレートなどを作成することなく自動加工で平面形状と建物高さで自動カット。
 大幅な省力化が実現しました。
もちろん縮尺の変更や、高さ倍率の変更などがあっても設定の変更だけで自動的に連続的して作成します。 同じ形状を複数個作成するのも自動的に連続作成します。

これまで人海戦術でしか製作できなかった都市模型や風洞実験用の周辺建物模型の自動製作も実現されました。 現在、東京23区の都市データ(建物形状データおよび建物高さデータ)が利用できますので、東京23区の都市模型を自動製作が可能です.

■主な仕様■
材料:スタイロフォーム・発泡スチロール・カネライトなど
加工内容:指定厚への連続自動スライスカット
       指定形状、指定厚さへの自動カット
データ:ランドプランナー(株式会社トラストシステム)
     街並みビューア(株式会社トラストシステム)
     その他のCADデータ(dxf変換により対応可)
     エクセルデータなど(対応予定)
最大加工サイズ:100mm×100mm×30mm
加工精度:X,Y軸方向 ±50マイクロメートル
       Z軸方向  ±200マイクロメートル
加工方法:エンドミルによる切削加工および熱線による切断加工の併用
使用電源:AC100V、AC200V (単相)およびエアー供給
本体重量:280kg

2006−11-27


スタイロフォーム自動カット例(多角形、多段型、複数個カットに対応)

全自動スタイロフォームカッター高精度表示写真

全自動スタイロフォームカッター加工例「東京タワー」
全自動で3次元的にカット

■ 粉体着色造型「3次元立体プリンタ」を導入
 3次元データさえあれば、形状だけでなく自動的に着色までも行ってしまう粉体着色造型システムを導入。 地形の起伏データ、航空写真データ、建物壁面写真などから3次元データを作成すれば、見事に色つきの模型が自動的にでき上がります。

 通常のプリンタには「紙とトナーやインク」を入れてプリントアウトすれば、きれいに印刷してくれますが、3次元立体カラープリンタは材料として「特殊な粉と塗料と接着剤」を入れておくと、自動的に粉を固めながら色をつけていきます。 建物などはオーバーハングがあっても問題なし。

建物や地図以外にも医療用やデザイン分野などでも利用されています。

2006-04-01


イメージ

■ 3次元地形模型作成用レーザー測定装置を開発
 造成計画やダム計画などの地形の変化を伴う地域開発などの際に、模型自体に紙粘土やカッターナイフなどを使って盛り土や切り土などのシミュレーションを、模型に手を加えることで直感的に考察し、その後に改変の結果を本装置により模型の形状を精密に測定して、CADデータ化を行うことができます。
 また地形模型以外の実体物の形状を3次元的に測定し、直ちに模型や真空成形用の原型の製作を行うこともできます。
 非接触のレーザー測定なので柔らかいものでも測定が可能です。
(測定例はこちら)
2005-06-01
模型レーザー3次元計測

■ デジカメ写真から3次元街並みデータを作成するシステムを開発
3次元の建物形状を正確に入力するのはかなり困難ですが、模型を制作するという観点から、省略する部分は入力時から省略するという割り切った考え方から、街のなかをデジカメを持って歩き、建物の写真を撮ったものから簡単に建物形状を起こして、簡単に街並みの3次元データを作成するシステムを開発しました。 見えない部分は模型でも表現しない。見えにくい部分は手を抜いて表現する。 建物の前面や屋上などのよく見える部分はしっかり作る。 というコンセプトで航空写真との組み合わせでデータを作成し、マウス操作により自由に街並みを眺めたり、道路を歩いてみたり、眺め回したり。と簡単な操作で自由な視点操作によりデータを活用します。

2005-06-01
イメージ

--- TRUST SYSTEM ---